接骨院院長の楽々日記
寝違い 背中の痛み 肩こり むち打ち 直ぐ効く治し方
ここにあります。

2007年05月18日

5月病チェック

5月病やうつ病などの健康チェックのサイト
見つけました。
ここからどうぞ。
↓↓↓↓↓
http://www.cocokarada.jp/condition/utsu_check/index.html

posted by やっちゃん at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

重症な肩こりの治し方

肩こりで辛い思いをしている人多いですね。

そういう人に限って、忙しくて、治療に行く暇もなくて、

10分1000円のマッサージでその場しのぎをしているんですよね。

何で、その場しのぎって言うか分かりますか。

肩の痛みの原因が肩にないからです。

たとえ話ですが、ヘルニアで腰の椎間板が神経を圧迫すると、

足に痺れが出ます。いくら足マッサージしてもしびれ取れません。

肩こりも同じです。原因を取り除く治療が必要です。

それでは、まず、原因の見つけ方からはじめましょう。

首を前、後ろ、に曲げてみて、どっちが辛かったり、動きにくいですか

次に、左右を向いてみてどっちが、向きにくいでしょうか?

次に、腰を前後に曲げてみます。

曲げにくいのはどちらですか?

左右に捻ってみましょう。

どちらが捻りにくいですか。

これらの、それぞれによって、治療法が違ってきます。

個別の相談もお受けします。

24時間以内に返答いたします。

なんでもどうぞ

お待ちしています。
posted by やっちゃん at 14:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

腱鞘炎の治し方

腱鞘炎を、まず三角筋を正常にもどし、次に肘を治しましたね。

次は、手首と指をいっぺんに、治していきましょう。

腕相撲のポジションに、肘をつきます。掌を前向きにして、手首を90度に反らせます。この状態の患者さんの掌に、術者の掌をぴったりと合わせて、
中指一本だけ、指を合わせて、そのまま手首は90度のまま維持しながら、
肘を伸ばしていきます。最終的には、手首は90度に反ったまま、肘が伸びきるところまで掌と中指は、合わせたままです。
患者さんが右手だったら、術者は左手です。

後は、残りの4本の指を、一本一本同じ様に、反らせたまま、肘を伸ばしていきます。

以上です。

コレ指の違和感の解消にも使えますよ。お試しあれー。
posted by やっちゃん at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

腱鞘炎の治し方

手先の使い過ぎが原因で、腱鞘炎って起こしますね。

手首が痛いからって、痛いところにシップ張ったり、電気やマッサ

ージしてませんか?

でもそれじゃあ、なかなか楽にならないんじゃないですか?

腱鞘炎起こしてる時には、肩の三角筋や肘も機能が落ちています。

まず、3月26日、28日に書いた方法で三角筋から、正常に働ける状

態に戻してあげて下さい。

次に、肘です。

腕を伸ばして前45度の位置にします。

肘が、伸びた状態で、掌を上に向けて親指側に、持続して力をかけ

ます。

次に腕の位置はそのままで、掌だけ、下向きにして、捻るように親

指側に、力をかけます。両方とも10秒ずつ、これを3セットして下さい。

これに加えて、手首も治せばほとんど痛みが取れますよ。明日は手首を書きます。
タグ:腱鞘炎
posted by やっちゃん at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。